About us
音から英文法編

自動詞の次に何がくるか感覚がわかると英語力が伸びてきます。work の次に来る前置詞は、in? at? for?・・(文法#29)

今回から 自動詞のパターンプラクティスです。自動詞の次にどういう品詞がくるか 音を通して練習していきましょう。

I work at / in / for ◯◯.

「◯◯で働いている。」を英語で表す時、よく使われるのが上の3つの前置詞です。

 I work for the company.

前置詞 for で会社の方角を見ています。その会社と雇用関係があることをイメージしています。

 I work at the company.

会社の場所や建物を思い浮かべていることを示唆しています。
前置詞 at で会社の場所にいます。

 I work with the company.

出資者や経営者、提携業者、コンサルタントの可能性があります。
前置詞 with で会社と手をつないでいるイメージです。

 I work in the company.

会社の建物内で働いているのを思い浮かべています。
前置詞 in で会社の中にいるイメージです。

work at と work in は会社の場所を思い浮かべているのに対して、
work for や work with は会社との関係を思い浮かべています。

at が場所的なものをフォーカスしているのに対して、for は会社の従業員といった意味も考えられるそうですが、そこまで大きな違いはないそうです。
〈 work for+会社 〉のほかに、〈 work for+上司 〉の形もとることができます。

work in になると室内にあたるような場所や部門などを置きます。これは前置詞の in のイメージをそのまま持ってきている感じですね。

ABOUT ME
mayumi
mayumi
ハミング発音スクール 代表の大庭まゆみです。 理想の英語習得調味料の組み合わせ、発見まで10年 詳しくはこちら
「口の形、発音記号、発声方法などをもっと知りたい!」




「口の形、発音記号、発声方法などをもっと知りたい!」

そんな方には、ハミング発音スクールの無料体験レッスンがオススメです。

体験レッスンでは、英語を話す上で重要な発声の仕方、舌の位置、発音記号・口の形の見方などの基本的な内容を紹介致します。
ネット環境があれば遠方からでも受講可能なので、ブログ・動画にのっている用語などを詳しく知りたいという方は是非一度体験レッスンにご参加下さい。

気に入って頂ければ、教室でのレッスンも行っております。