無料体験レッスン
映画「マイ・インターン」

learn, earth, heardは同じ音?Rの音の違いは見分けることができる!!(#103)

learn, earth, heard、つづりearの部分が同じ音です。どうなるか映像を見ながら、舌の動きに注目して練習してみましょう。文章練習は、what am I doing?です。つなげて発音するとどうなるでしょう?

JULES : I mean, it’s so good. You learn so much. Okay, what’s up? What am I doing?
「つまりとてもいいの、とても勉強になるのよ。いいわ、どうしたの?私は何をしようとしてたんだっけ?」

I mean

I mean 〜 ” は、挿入的に使って「つまり〜」を表します。
別の言い方で説明する時に使える表現です。

mean は「を意味する」という動詞。
「意地の悪い」という形容詞でもあります。

 What does it mean? それどういう意味?
 He is mean to me. 彼は私に意地悪だ。

総称の you

you learn so much
とても勉強になるのよ

 
自分を含めてなので we と言いたくなりますが、自分を含めて総称を表す時you を使います。
「あなた」という意味の you ではなく「人全体、一般的な人」を表す総称です。

You can never tell what will happen. 何が起こるか絶対にわかりません。

learnの発音


舌の動きに注意しましょう。
earth, earnなどスペルearがくると、舌はRの位置で発音します。
learnは LからRの直接 素早く移動しましょう。

What’s up?

「元気?」「最近調子どう?」と挨拶として使われますが ここでは「どうしたの?」と要件を伺う表現です。

挨拶の表現は?
 What’s new?
 How’s it going?

 などがあります。

発音してみよう

「見える化」で構造を理解しよう

ABOUT ME
mayumi
mayumi
ハミング発音スクール 代表の大庭まゆみです。 理想の英語習得調味料の組み合わせ、発見まで10年 詳しくはこちら
「口の形、発音記号、発声方法などをもっと知りたい!」




「口の形、発音記号、発声方法などをもっと知りたい!」

そんな方には、ハミング発音スクールの無料体験レッスンがオススメです。

体験レッスンでは、英語を話す上で重要な発声の仕方、舌の位置、発音記号・口の形の見方などの基本的な内容を紹介致します。
ネット環境があれば遠方からでも受講可能なので、ブログ・動画にのっている用語などを詳しく知りたいという方は是非一度体験レッスンにご参加下さい。

気に入って頂ければ、教室でのレッスンも行っております。