無料体験レッスン
ゼロ英語:文法編

(26) usually, alwaysの位置は、〇〇と同じ!(文法編)

usually, alwaysなど どこに入れたらいいか、〇〇と同じ位置です!
発音は、聞こえなくなる[t]の音、声帯を意識します。

split は「裂く、割る」という意味を持つ単語。
なので、「割り勘をする」にもこの動詞を使います。

ボーリングで、レーンの右と左にピンが分かれて残ること、これも「スプリット」と呼ばれます。
「裂く、割る」のイメージにピッタリですよね?


「請求書」を表す単語は主に2つありますが、
check は主にアメリカ、bill は主にイギリスで使われるという違いがあります。

 split the check /bill 割り勘をする


「いつも」と言うとどんな副詞が思い浮かびますか?
 usually? always?

usually は習慣として「いつもは、ふだん」していることを指し、
always は行動として「いつも、常に」することを指します。

どの位置に置くの?と悩んだとき、notだったらどこに入れるか?
notも副詞なので、not と同じ位置に入れるといいですよ。

 I usually go to the gym after work. 私はふだん仕事の後にジムに行く。
 I’m always honest. 私はいつも正直だ。

ABOUT ME
mayumi
mayumi
ハミング発音スクール 代表の大庭まゆみです。 理想の英語習得調味料の組み合わせ、発見まで10年 詳しくはこちら
「口の形、発音記号、発声方法などをもっと知りたい!」




「口の形、発音記号、発声方法などをもっと知りたい!」

そんな方には、ハミング発音スクールの無料体験レッスンがオススメです。

体験レッスンでは、英語を話す上で重要な発声の仕方、舌の位置、発音記号・口の形の見方などの基本的な内容を紹介致します。
ネット環境があれば遠方からでも受講可能なので、ブログ・動画にのっている用語などを詳しく知りたいという方は是非一度体験レッスンにご参加下さい。

気に入って頂ければ、教室でのレッスンも行っております。