発音教材
カタカナ英語

36.レインボー rainbow


雨が降ったあとにかかるを「レインボー」と言いますよね。
英語でも rainbow と言います。

日本語では「レインボー」と ボー が長いですが、英語 rainbow のアクセントは ai です。
rain は、くちぶえの口から 三角→基本の口で「レーイン」。
bow は「ボー」ではなく、ハミングの口から 基本→くちぶえの口で「ボゥ」といったようにします。

Look out the window. There’s a rainbow over there. 「窓の外を見て。あそこに虹がかかってるよ。」

The rainbow arched the lake. 「湖に虹がかかってる。」
 ※ arch (読み方:アーチ)「アーチ形にかかる」

bow「弓」という意味の名詞です。

つまり、rainbow は「雨が作る弓 → 虹」という成り立ちなんです。
発音は虹の時と同じく ハミングの口から 基本→くちぶえの口で「ボゥ」です。

She shot the arrow with the bow. 「彼女は弓で矢を射た。」
 ※ arrow (読み方:エロゥ)「矢」

The violin is played with a bow. 「バイオリンは弓で弾く。」

また、bow「お辞儀する、屈服する」「〜をかがめる」という動詞もあります。

「弓」のイメージから「弓のように曲げる → お辞儀する」となったんですね。
注意が必要なのは、発音
こちらの意味の時は ハミングの口から あくび→くちぶえの口で「バゥ」です。

つづりは同じでも意味で発音が変わるので覚えておいて下さい!

He bowed deeply to the King. 「彼は王様に深々とお辞儀をした。」

We bowed to the president’s decision. 「我々は社長の決定に従った。」

ABOUT ME
mayumi
mayumi
ハミング発音スクール 代表の大庭まゆみです。 理想の英語習得調味料の組み合わせ、発見まで10年 詳しくはこちら
「口の形、発音記号、発声方法などをもっと知りたい!」




「口の形、発音記号、発声方法などをもっと知りたい!」

そんな方には、ハミング発音スクールの無料体験レッスンがオススメです。

体験レッスンでは、英語を話す上で重要な発声の仕方、舌の位置、発音記号・口の形の見方などの基本的な内容を紹介致します。
ネット環境があれば遠方からでも受講可能なので、ブログ・動画にのっている用語などを詳しく知りたいという方は是非一度体験レッスンにご参加下さい。

気に入って頂ければ、教室またはオンライン英会話でレッスンも行っております。

また、教材の販売こちらからしております。
英語を話しやすくするための呼吸法口の筋トレを土台として、分かりやすいステップを踏みながら発音習得を目指す 教科書+CD+CD冊子+DVD の4点セット教材です。
教材の進め方を体験レッスンで指導することも可能ですので、お気軽にお申し付け下さい。