発音レッスン

11.仮定法ではなぜ過去形を使うの?(実際のレッスン-文法編)

will は未来の話をする時に使うのに、なぜ would という過去形があるのでしょう?

実際のレッスンの動画です。

「もし私が鳥なら、あなたのところに飛んで行けるのにな。」
時制を過去にすることで、こういった現実的にはあり得ないことを表せます。

「私は鳥です。あなたのところへ飛ぶことが出来る。」は、
  I am a bird. I can fly to you.

この be動詞 am と助動詞 can を過去形にすることで、「今とはかけ離れている」「現実生は低い」と想定されていることをアピールします。
これを仮定法と言います。

If I was a bird, I could fly to you.
(もし私が鳥なら、あなたのところに飛んで行けるのに。)


If I was rich, I could go abroad.

(もし金持ちだったら、海外へ行けるのに。)

仮定法で使われる助動詞には could の他に、would, should, might があります。

ABOUT ME
mayumi
mayumi
ハミング発音スクール 代表の大庭まゆみです。 理想の英語習得調味料の組み合わせ、発見まで10年 詳しくはこちら
英語の発音記号、発音を勉強したい!

英語の発音記号、発音を勉強したい


「難しい英語の発音記号より、英語の発音は、口の形から入る方が早い!
「口の形を理解できると、英語の発音記号、発声方法が自然に身につく!
「英語の発音記号がわかると応用が利くので、英語の発音に自信がつく!

ハミング発音スクールのオンライン無料体験レッスンがオススメです。

体験レッスンでは、英語を話す上で重要な発声の仕方、舌の位置、英語の発音記号・口の形の見方などの基本的な内容を紹介致します。
ネット環境があれば遠方からでも受講可能なので、ブログ・動画にのっている用語などを詳しく知りたいという方は是非一度体験レッスンにご参加下さい。教室でのレッスンも行っております。

————————————————
販売している商品
————————————————
■効率、短期間で習得したい方向け
・無料版: このサイト
・有料版: DVD、Web学習