発音教材
実際のレッスン:発音編

10.should と had better どちらが強い言い方?(実際のレッスン-文法編)

「〜した方が良いよ。」と提案する場合、どんな助動詞を使いますか?
should? had better?

実際のレッスンの動画です。

<命令文と数量詞>

命令文は、言う相手が目の前の you だと分かりきっているので主語の You は省略され、動詞の原形から始まります。

「歯を磨きなさい。」だと、誰の歯なのか言う必要がありますが、主語が You なので当然 your teeth となります。

Brush your teeth.(歯を磨きなさい。)
Wash your hands.(手を洗いなさい。)

「ご飯を食べた後に 歯を磨きなさい。」だと、どうなるでしょう?
「ご飯の後」は after meals 。
meal は breakfast, lunch, dinner などの1回の食事を指す言葉です。つまり可算名詞なので meals と複数形にします。

Brush your teeth after meals.(ご飯を食べた後に歯を磨きなさい。)

では「毎食後」にするには?
every meal に変えます。
every day「毎日」からも分かるように、every1つ1つを意識して全体を指すイメージ なので、名詞の単数形と共に使います。

Brush your teeth after every meal.(毎食後に歯を磨きなさい。)



<色々な複数形>

tooth「歯」の複数形は teeth
同じように oo が ee に変化する単語は他に、 goose「ガチョウ」→ geese があります。

foot「足」も 複数形は feet と oo が ee に変わりますが、発音のパターンが少し違うので注意。

不規則に変化する複数形としては mouse「ネズミ」→ mice なんかもあります。



<助動詞>

「毎食後 歯を磨いた方が良いよ。」と相手に提案したい場合はどうしますか?
動詞の原形の前に助動詞をつけて、ニュアンスを加えます。

「〜した方が良いよ」というと、should, had better が思い浮かぶと思います。
should の日本語訳を「〜すべきだ」と習うので語調が強く感じられますが、実際はshould よりも had better の方が語調が強い 言い方です。
had better は命令に近いので、「〜した方が良いよ」とアドバイスや提案をする場合には should を使いましょう。

You should brush your teeth after every meal.(毎食後に歯を磨いた方が良いよ。)
ABOUT ME
mayumi
mayumi
ハミング発音スクール 代表の大庭まゆみです。 理想の英語習得調味料の組み合わせ、発見まで10年 詳しくはこちら
「口の形、発音記号、発声方法などをもっと知りたい!」




「口の形、発音記号、発声方法などをもっと知りたい!」

そんな方には、ハミング発音スクールの無料体験レッスンがオススメです。

体験レッスンでは、英語を話す上で重要な発声の仕方、舌の位置、発音記号・口の形の見方などの基本的な内容を紹介致します。
ネット環境があれば遠方からでも受講可能なので、ブログ・動画にのっている用語などを詳しく知りたいという方は是非一度体験レッスンにご参加下さい。

気に入って頂ければ、教室またはオンライン英会話でレッスンも行っております。

また、教材の販売こちらからしております。
英語を話しやすくするための呼吸法口の筋トレを土台として、分かりやすいステップを踏みながら発音習得を目指す 教科書+CD+CD冊子+DVD の4点セット教材です。
教材の進め方を体験レッスンで指導することも可能ですので、お気軽にお申し付け下さい。