About Us
実際のレッスン:文法編

4. -ed, -ingの形容詞(実際のレッスン-文法編)

No.1から続いている初級者向けのレッスンです。50分授業の後半部分です。

「興奮した観客」は exciting audience? それとも excited audience?
こういう問題、よくありますよね。
日本語から考えると「〜してる」は現在分詞だから exciting と答えたくなりますよね。
動画で確認してみましょう。

 -ing の形容詞は「感情にする 原因」を修飾

 -ed の形容詞は「感情にさせられた 」を修飾

これは、もととなっている動詞 excite が「興奮する」ではなく「〜を興奮させる」という他動詞なので、それを exciting の形にすると「(人を)興奮させる」という形容詞になるんです。

     もとの他動詞        -ing の形容詞       -ed の形容詞  
 interest(〜に興味を持たせる)  interesting(興味を持たせるような)  interested(興味を持っている)
 surprise(〜を驚かせる)  surprising(驚かせるような)  surprised(驚いた)
 bore(〜を退屈させる)  boring(退屈させるような)  bored(退屈した)
 confuse(〜を困惑させる)  confusing(困惑させるような)  confused(困惑した)

他にも please「〜を喜ばせる」、satisfy「〜を満足させる」、worry「〜を困らせる」、disappoint「〜をがっかりさせる」などがあります。

また、これらは形容詞なので “She is a beautiful person.” “She is beautiful.” と同じように、名詞の前にも、be動詞の後ろにも置くことが可能。

That was a surprising discovery.(それは驚くべき発見だった。)
Japanese grammar is really confusing.(日本語の文法は本当にややこしい。)
She was silent with a worried look.(彼女は心配そうな顔つきでだまっていた。)
I'm bored.(私は退屈だ。)※I'm boring. だと「私は退屈な人間だ。」となってしまいます!
ABOUT ME
mayumi
mayumi
ハミング発音スクール 代表の大庭まゆみです。 理想の英語習得調味料の組み合わせ、発見まで10年 詳しくはこちら
「口の形、発音記号、発声方法などをもっと知りたい!」




「口の形、発音記号、発声方法などをもっと知りたい!」

そんな方には、ハミング発音スクールの無料体験レッスンがオススメです。

体験レッスンでは、英語を話す上で重要な発声の仕方、舌の位置、発音記号・口の形の見方などの基本的な内容を紹介致します。
ネット環境があれば遠方からでも受講可能なので、ブログ・動画にのっている用語などを詳しく知りたいという方は是非一度体験レッスンにご参加下さい。

気に入って頂ければ、教室でのレッスンも行っております。