About Us
カタカナ英語編

10.ピアス earring

日本では「ピアス」と言うと 耳にあけた穴に通すタイプのアクセサリー を指しますよね。
穴があいてなくても装着出来るのが「イヤリング」。
しかし、英語ではどちらのことも earring と呼びます。


2つを区別して呼ぶ時は、
「ピアス」→ pierced earring
「イヤリング」→ clip-on earring
のように言い、わざわざ片方の事を指したい場合以外は 語尾に s をつけます。

earring の発音は舌がポイント。
最初の「イ」では舌の位置をダウンにし、舌先に力を入れます。その後、勢いよくRの位置へ移動(口の形はらっぱの口)!
ear を発音した後は、Rの位置のまま 口笛の口にして ring を出す準備をしましょう。

I love your earrings! 「あなたのピアス素敵ね!」
 ※ 海外に行くと身につけている物などを褒められる事が多いです。あなたも褒め返してみましょう♪

I’m looking for pearl earrings. 「パールのピアスを探しています。」

pierce という単語もあるのはご存知ですか?
pierce〜を刺す、〜を貫く、突き進む」という動詞なんです。この単語から日本語の「ピアス」は生まれたんですね。
ピアスの穴をあける と言いたい時には、この動詞を使います!

I had my ears pierced. 「ピアスの穴をあけた。」
 ※〈have+O(目的語)+done(過去分詞形)〉で「Oを〜してもらう」

The bullet pierced the wall. 「その銃弾は壁を貫通した。」
 ※ bullet (読み方:ブレット)「銃弾、弾丸」

The cold pierced his bone. 「寒さは彼の身にしみた。」

ABOUT ME
mayumi
mayumi
ハミング発音スクール 代表の大庭まゆみです。 理想の英語習得調味料の組み合わせ、発見まで10年 詳しくはこちら
「口の形、発音記号、発声方法などをもっと知りたい!」




「口の形、発音記号、発声方法などをもっと知りたい!」

そんな方には、ハミング発音スクールの無料体験レッスンがオススメです。

体験レッスンでは、英語を話す上で重要な発声の仕方、舌の位置、発音記号・口の形の見方などの基本的な内容を紹介致します。
ネット環境があれば遠方からでも受講可能なので、ブログ・動画にのっている用語などを詳しく知りたいという方は是非一度体験レッスンにご参加下さい。

気に入って頂ければ、教室でのレッスンも行っております。