発音教材
映画「マイ・インターン」

could は過去形じゃない時!challengeは挑戦するではない!?(セリフ練習#048)

日本語のチャレンジとニュアンスが違うので、使い方に注意しましょう。

映画「マイ・インターン」
BEN: Well, you have to upload the application. That could be challenging. Listen to this.
     「えっと、(ネットで)応募書類をアップロードしなければならない。それはやりがいがあるかもね、ちょっと聞いて。」

challenge はチャレンジするではない

日本語のチャレンジとニュアンスが違うので、使い方に注意しましょう。

名詞 では 「やりがい、課題、難題」
動詞「異議を唱える、挑む」という意味になります。

Let’s challenge. ってよく見かけますが、これは 「挑戦しよう!」ではなく、「意義申し立てしよう」という意味になるので注意しましょう。
日本語で言うチャレンジするっという時は try を使うといいですよ。

ハーバード大学に挑戦しているのつもりで I’m challenging Harvard Universityというと、挑戦しているのではなく、「異議を唱えている!という意味になるから注意しましょう!

形容詞になると、challenging で「意欲をそそる、困難だがやりがいがある」になります。
やりがいのある仕事 a challenging job
It is a challenging job. 「それはやりがいのある仕事です。」

could beの使い方

could:形はcanの過去形ですが、現在や未来に対する推量を表し、「そうかも、もしかしたら」という意味になります。

Ben は That could be challenging. 「(インターンは)もしかしたらやりがいがあるかも」と使っていますね。

could を使いこなそう
推量のイメージです。
レベル:★★☆☆☆

(1)そうかも
  Could be .

(2)もしかしたら彼女は正しいかも。
  Could be she is right.

「聞く」のイメージ

Ben は “Listen to this.”「ちょっと耳を傾けて、ちょっと聞いて」と言って、チラシの内容を読み上げています。
listen は、自動詞で「耳を傾ける→聞こうと努力する」イメージです。

hear は、「自然に聞こえる」イメージです

「聞く」を使いこなそう
listenとhearのイメージを作りながら英文にしてみよう。
レベル:★★☆☆☆

(1)聞き取れませんでした。
  I didn’t hear you.

(2)(悪口を)聞き流しなさい。
  Just listen and ignore.

(3)肯定的な人の意見を聞いて、否定的な人々を無視しなさい。
  Listen to positive people and ignore negative ones.

 
「(右から左に)聞き流す」と表現したいとき、 go in one ear and out the other と言います。
「彼は私の言うことを真剣に受け取らない、聞き流すのよ」
  He never takes what I say seriously. It just goes in one ear and out the other.

upload

upload 「(情報をネットワークに)のせる」という意味です。

loadだけで、「積む、載せる、重荷」という意味があります。

I loaded the car with my luggage.「自分の手荷物を車に積み込んだ。」

overload「荷を積みすぎる」という意味になります。

I’m still overloaded with work.「いまだに仕事が山積みだ。」

スペルoa がくると「基本の口」から「くちぶえの口」 になります。


例外 broad, board, cupboard

語彙を増やそう

  • upload  〈動〉(情報をネットワークに)のせる
  • application   〈名〉申込書
  • challenging 〈形〉やりがいがある

発音練習しましょう

「見える化」で構造を理解しましょう

ABOUT ME
mayumi
mayumi
ハミング発音スクール 代表の大庭まゆみです。 理想の英語習得調味料の組み合わせ、発見まで10年 詳しくはこちら
「口の形、発音記号、発声方法などをもっと知りたい!」




「口の形、発音記号、発声方法などをもっと知りたい!」

そんな方には、ハミング発音スクールの無料体験レッスンがオススメです。

体験レッスンでは、英語を話す上で重要な発声の仕方、舌の位置、発音記号・口の形の見方などの基本的な内容を紹介致します。
ネット環境があれば遠方からでも受講可能なので、ブログ・動画にのっている用語などを詳しく知りたいという方は是非一度体験レッスンにご参加下さい。

気に入って頂ければ、教室またはオンライン英会話でレッスンも行っております。

また、教材の販売こちらからしております。
英語を話しやすくするための呼吸法口の筋トレを土台として、分かりやすいステップを踏みながら発音習得を目指す 教科書+CD+CD冊子+DVD の4点セット教材です。
教材の進め方を体験レッスンで指導することも可能ですので、お気軽にお申し付け下さい。