About Us
ドラマ・映画編 マイ・インターン

cameraは、綴りのeを消して発音! (動画):映画#105

anotherとother何が違うか確認しましょう。but had another がつながるとどういう音になるでしょう? 練習してみましょう。

Becky: Okay. Cameron was waiting for you but had another meeting. 「はい、キャメロンがあなたを待っていました。しかし別のミーティングがあった。」

前置詞のイメージ

Cameron was waiting      you. キャメロンがあなたを待っていました

気持ちや視点を向けるイメージ for が入ります。

ask for 「を求める」
 She asked for help. 助けを求めた。

look for 「を探す」
 What are you looking for? 何を捜しているのですか?

long for 「を切望する」
 I long for her. 彼女に憧れる。

care for 「を好む」
 I don’t care for him very much. 彼をあまり好きではない。

anotherとother のイメージ

下線部には何が入るか考えてみましょう。

(1)対象が2つの場合

There are two apples on the table: one was red and     was yellow.

答え:りんごが2つあり、1つが赤で、ラスト1つが黄色。それ!と決まっているので the を使って the other が入ります。

▷ one と the other
対象が2つの場合、一方が one、もう一方が the other です。

the には「それって決まる!」という共通認識があるので、
特定出来るもう一方には the other を使います。

another も「もう1つの」という訳があるからこちらを使ってしまいそうですが、違います。
an+other という構成で、不特定の「もう1つ」という意味なので、対象が3つ以上でなければいけません。

(2)対象が3つの以上の場合

There are 5 dogs in the park. One is brown,     is black, and the others are white and black.

答え:犬が5匹いて1匹は茶色、もう1匹は不特定なので another (an+otherのこと)になります。
残りのものを言う時は、the other また複数であれば the others です。
ここでは残り3匹なので、それって決まり the がついて、複数なので the others を使います。

▷ another
an+other なので、基本は単数名詞と使います。
an はそれっと決まってない「特定できない」イメージです。

another は、今あるものに加えて「もう1つ別の」という意味もあります。

 I’ll have another one. もう一杯ください。
 Come another day. 別の日に来て下さい。

※例外 another three weeks「もう3週間経つと」のように複数名詞が来る時があります。
3週間をまとまった期間として捉えれているからです。

 another dozen cookies さらに12個のクッキー
 another 10 dollars もう10ドル

(3)I have 4 children; one lives in Tokyo and     live in America.

答え:4人子供がいて、1人は東京に住んでる。「残りは」は複数で、この人たちと特定出来ます。なので the がついて、the others「残り全部」が正解。

慣用句
 one after another 次々と
 in other words 言い換えれば
 every other day 1日おきに
 each other お互い
 one another お互い

発音練習してみよう

「見える化」で構造を理解しよう

ABOUT ME
mayumi
mayumi
ハミング発音スクール 代表の大庭まゆみです。 理想の英語習得調味料の組み合わせ、発見まで10年 詳しくはこちら