About Us
カタカナ英語編

27.スコップ scoop

土などをすくう道具である「スコップ」。
英語では scoop で、一見日本語と似ているようですが発音に大きな差があります。


scoop の oo は [u:] の音なので「スクゥプ」のようになるんです。
「スコップ」と「スクゥプ」じゃ結構違いますよね?
oo [u:] は奥歯の空間を保ったまま、らっぱからくちぶえの口で出します。

そして発音を聞くと分かるかもしれませんが、新聞などの「スクープ、これもスコップと同じく scoop なんです。
日本語だとこの2つの単語はつながりませんよね。

また「ひとすくい」という意味もあり、アイスクリーム屋で注文する場合に a scoop of〜, two scoops of〜 のように使われたりもします。

Bring me the scoop. 「スコップ持ってきて。」

Two scoops of chocolate ice cream, please. 「チョコアイスを2すくい下さい。」

The journalist got the scoop on the bribery scandal. 「その記者は贈賄スキャンダルのスクープを得た。」
 ※ bribery (読み方:ブラ-イベリ)「贈賄行為」

What’s the scoop? 「最近何かあった?」
 ※ 新しい情報を聞く時にも scoop は使えます。

scoop はそのままで「〜をすくいあげる、〜を出し抜く、(大金・賞など)を得る」という意味の動詞にもなります。

一緒に覚えておきましょう。

The girl scooped up water in her hands. 「少女は両手で水をすくった。」

The film “Frozen” scooped up five awards. 「映画『Frozen』は5つの賞を獲得した。」

The Japan Times scooped all its rivals. 「ジャパンタイムズは競争紙を出し抜いた。」

ABOUT ME
mayumi
mayumi
ハミング発音スクール 代表の大庭まゆみです。 理想の英語習得調味料の組み合わせ、発見まで10年 詳しくはこちら
「口の形、発音記号、発声方法などをもっと知りたい!」




「口の形、発音記号、発声方法などをもっと知りたい!」

そんな方には、ハミング発音スクールの無料体験レッスンがオススメです。

体験レッスンでは、英語を話す上で重要な発声の仕方、舌の位置、発音記号・口の形の見方などの基本的な内容を紹介致します。
ネット環境があれば遠方からでも受講可能なので、ブログ・動画にのっている用語などを詳しく知りたいという方は是非一度体験レッスンにご参加下さい。

気に入って頂ければ、教室でのレッスンも行っております。