About us
カタカナ英語編

25.ジェットコースター roller coaster

遊園地の絶叫マシンの1つである「ジェットコースター」。
英語では前半が異なり roller coaster と言います。
(ちなみにイギリス英語では switchback になります。)

roller「小さな車輪、キャスター」のついた coaster「(滑り降りるための)そり」で roller coaster になったと考えられますよね。
海外旅行で遊園地に行かれる方も多いと思いますが、jet coaster と言わないように注意!


発音は少し難しいです。
まずは roller 。
母音は「オウ」と聞こえる二重母音ですが、「オー」 と言ったまま、口をすぼめていくと、「オウ」のような音になります。
(※「オウ」の出し方はこちらの動画 1:50〜 globe を参考にしてみて下さい。
ro「ロゥ」 ゆるめのくちぶえの口から、力を抜いて基本の口→くちぶえの口。
そのまま舌をすくえば roll。
そしてすぐに舌をRの位置に移動させ、らっぱの口で roller「ロゥラー」です。

coaster も母音が「オウ」と同じ二重母音なので、そこを意識して発音します。
「コースター」ではなく「コゥスター」といった感じになります。
(※ coasterの発音の仲間は「coat, caught, court の音の違い」を参照

I don’t like roller coasters. 「私はジェットコースターが得意じゃない。」

There are a lot of roller coasters in that amusement park. 「その遊園地には沢山ジェットコースターがある。」

roller は roll「転がる、ゴロゴロ鳴る」「〜を転がす」という動詞からきています。
-er を単語の終わりに付けると「〜する物/人」という名詞を作ることが出来るので、roll+-er で「転がる物」という意味になるんです。

何かが転がったり、(車などが車輪を転がして)進んだり、(雷やドラムの音が連続して)轟いたり、(飛行機や船が)横揺れしたり、「回転しながら動く、連続して動く」を roll は表します。

The ball rolled under the truck. 「ボールはトラックの下に転がり込んだ。」

The thunder was rolling. 「雷が鳴っていた。」

The ship rolled heavily in the storm. 「嵐で船は激しく揺れました。」

ABOUT ME
mayumi
mayumi
ハミング発音スクール 代表の大庭まゆみです。 理想の英語習得調味料の組み合わせ、発見まで10年 詳しくはこちら
「口の形、発音記号、発声方法などをもっと知りたい!」




「口の形、発音記号、発声方法などをもっと知りたい!」

そんな方には、ハミング発音スクールの無料体験レッスンがオススメです。

体験レッスンでは、英語を話す上で重要な発声の仕方、舌の位置、発音記号・口の形の見方などの基本的な内容を紹介致します。
ネット環境があれば遠方からでも受講可能なので、ブログ・動画にのっている用語などを詳しく知りたいという方は是非一度体験レッスンにご参加下さい。

気に入って頂ければ、教室でのレッスンも行っております。