カタカナ語

19.カフスボタン cufflink ①




女性にはあまり馴染みのないものですが、ワイシャツなどのそで口をとめるボタンを「カフスボタン」または「カフス」と言いますよね
英語ではこれを cufflink と言い、cuff の部分は省略可で link とも呼ばれます。
2つで1セットなので、通例 語尾に s が付きます。

名詞のアクセントは前に来ることが多いので、u を強く読みます。
基本の口でお腹の底から下に向かってするどく「ア」です。
link の n は、舌はダウンポジションのまま力を抜いて鼻から抜けるように音を出します。

Jake found one of the cufflinks was missing. 「ジェイクはカフスボタンが片方なくなっているのに気付いた。」

cufflink の前半 cuff は「そで口、手錠」 という単語です。
なので、日本語ではそで口をとめるボタンを「カフス」とも言いますが、これは英語では左右両方のそで口を表すことになります。

I bought a white blouse with frills at the cuffs. 「そでにフリルの付いたブラウスを買いました。」
  ※ frill (読み方:フリ-ル)「フリル」

The policeman put the cuffs on him. 「警官は彼を逮捕した。」
  ※ handcuff「手錠」の略が cuff です。


cuffを使った表現
off the cuff 即座に、即興で

 I made a speech off the cuff at the awarding ceremony.「授賞式で私は即興でスピーチをした。」
  ※ award (読み方:アウォード)「〜を授与する」、ceremony (読み方:セラモウニ)「式典」

演説をする人が話の要点をそでに書いたことが由来。
そでに書いてない = off the cuff →「準備なしで」となりました。

ABOUT ME
mayumi
ハミング発音スクール 代表の大庭まゆみです。
「口の形、発音記号、発声方法などをもっと知りたい!」




「口の形、発音記号、発声方法などをもっと知りたい!」

そんな方には、ハミング発音スクールの無料体験レッスンがオススメです。

体験レッスンでは、英語を話す上で重要な発声の仕方、舌の位置、発音記号・口の形の見方などの基本的な内容を紹介致します。
ネット環境があれば遠方からでも受講可能なので、ブログ・動画にのっている用語などを詳しく知りたいという方は是非一度体験レッスンにご参加下さい。

気に入って頂ければ、教室またはオンライン英会話でレッスンも行っております。

また、教材の販売こちらからしております。
英語を話しやすくするための呼吸法口の筋トレを土台として、分かりやすいステップを踏みながら発音習得を目指す 教科書+CD+CD冊子+DVD の4点セット教材です。
教材の進め方を体験レッスンで指導することも可能ですので、お気軽にお申し付け下さい。