what we’re going to の音の変化 (セリフ練習#094)

クレームの電話を受け答えしている場面です。we’reの音の変化を練習します。what+主語、動詞の形が使えるようにパターンプラクティスです。

「マイ・インターン」
Jules : Okay, here’s what we’re going to do about this. I’m going to call the vendor and have this fixed today.
   「わかりました。このようにさせていただきます。私が売り主に電話します。そして 今日この件が解決されるようにします。」

関係代名詞

下線部には何が入るでしょう。

Here’s     we’re going to do about this.


関係代名詞 what が入ります。

関係代名詞 what は後ろに不完全な文を伴い、そのかたまり(=what節)は名詞として文の主語、補語、目的語になることが出来ます。
名詞の働きをするので、what のかたまりは「~こと」「〜もの」と訳されます。

 This is the thing which I want. これは私の欲しいものだ。
 This is what I want. これは私の欲しいものだ。

同じ関係代名詞の who, which は先行詞を必要としますが、what はそれ自身が「the thing(s)」という先行詞を含んでいるので、先行詞は必要ありません。
名詞のかたまりである the thing を、どんなものなのかを説明した what が作る名詞のかたまりと入れ替えることで文を作ることができます。

後ろに「不完全な文」を伴うという意味は?

what の後ろ I want は SV(主語+動詞)だけで終わっています。
want「欲する」は、後ろに「何を」を表す名詞のかたまり(目的語=O)が必要な動詞です(他動詞と呼びます)。
なのに、後ろには何もないですよね?
それを不完全と呼び、関係代名詞の文だという目印になります。

次の文を読んで、イメージしてみましょう。

関係代名詞what を使いこなそう
ビジネスでの英語
レベル:★★☆☆☆

(1)あなたのおっしゃることはわかります。
  I know what you mean.

(2)今まで見てきたところを見直しましょう。
  Let’s review what we covered up until now.

(3)私に何ができるか考えてみます。
  I’ll see what I can do.

(4)実は、それは私が考えていたこととは違います。
  Actually, that’s not exactly what I was thinking.

(5)どのようにお考えですか?
  Can you tell me what’s on your mind?

(6)どうなるのか、しばらく様子をみましょう。
  We’ll just have to wait and see what happens.

(7)ご意見をお伺いしたいと思います。
  Let me know what you think.

vendor

vendor「売主、販売店」という意味です。
vendは動詞で「売る、販売する」です。

vending machineは?


自動販売機ですね。

fix

下線部には何が入るでしょう。

I’m going to call the vendor and have      today.
私が売り主に電話します。そして、今日この件が解決されるようにします。


「修理する、固定する、調整する、(食事の)支度をする」という意味の fix [fíks] の過去分詞 fixed が入ります。

まず fix の練習です。

fix を使いこなそう
日常会話でもビジネスでもよく使われる単語です
レベル:★★★☆☆

(1)会議を設定できますか?
  Can we fix a meeting?

(2)金曜日の予定はどうですか。
  How are you fixed up for Friday?

(3)固定電話からかけ直します。
  Let me call you back from a fixed line.

(4)夕食のために食卓の用意して!
  Fix the table for dinner.

(5)夕食の支度を手伝ってください
  Please help me fix dinner.

(6)出かけている間、子供達に昼食を作ってあげてください。
  Can you fix lunch for the children while I’m out?


映画のセリフでは、
I’m going to call the vendor and have this fixed today.

have+O (目的語)+C (補語) と SVOC の形になっています。

この O (目的語)+C (過去分詞) の間にbe動詞を入れると、this is fixed「これが調整される」という受動態になります。

同じような「O が C される」という内容の文章を、be動詞 を入れて oc の関係を考えながら発音してみましょう。

SVOC を使いこなそう
OCは1つの文章が縮んだものです
レベル:★★★☆☆

(1)歯を治してもらうといいよ。
  You should have your teeth fixed .
    your teeth are fixed のareがなくなって縮んだもの

(2)車を修理しなきゃ。
  I must get the car fixed.

(3)目覚まし時計を直してもらいたいのですが。
  I’d like to have my alarm clock repaired.

(4)メガネを作りたいのですが。
  I want to have some glasses made.

(5)芝刈りと草抜きに週1回来て欲しいのですが。
  I want you to have the lawn mowed and weeded once a week.

(6)この手紙を書留にしてください。
  I’d like to have this letter registered .

語彙を増やそう

  • vendor   〈名〉売り主
  • fix  〈動〉調整する、直す、解決する

発音してみよう

「見える化」で構造を理解しよう

お問い合わせはこちら



「口の形、発音記号、発声方法などをもっと知りたい!」

そんな方には「無料体験」がオススメです。
ハミング発音スクールでは東京校・福岡校にて無料体験を行っております。
通学またはスカイプを選択していただけるので遠方からの受講も可能です。

体験レッスンでは、英語を話す上で重要な発声の仕方、舌の位置、発音記号・口の形の見方などの基本的な内容を紹介致します。
ブログにのっている用語などを詳しく知りたいという方は是非一度体験レッスンにご参加下さい。

また、英語を話しやすくするための呼吸法口の筋トレを土台として、分かりやすいステップを踏みながら発音習得を目指す 教科書+CD+CD冊子+DVD の4点セット教材も販売しております。
教材の進め方を体験レッスンで指導することも可能ですので、発音に興味のある方、音を土台に英語力をアップさせたい方、お気軽にお問い合わせ下さい!

お問い合わせはこちらから