(8) theに慣れよう 「名前知っているよ!」

 
「a をつけるか the をつけるか・・・」このように迷ってしまう時はありませんか?
the の使い時と、スペルow がきた時の発音を解説します。

 
know, low, show のように スペルow がきたら「基本の口→くちぶえの口」で発音します。
「オー」と伸ばしっぱなしにせずに唇をすぼめましょう。

文の中で動詞と名詞は強く読まれますが、後ろに来た方がより強く読まれる傾向にあるので name を高く長めに発音します。

□ 定冠詞 the はどんな時に名詞につく?

英語の冠詞には a, an, the がありますが、a, an を不定冠詞、the を定冠詞と呼びます。
定冠詞 the を使うのは 聞き手が「あれのことね。」って何を指しているのか分かる時です。

例えば、すでに話題に出たので何を指しているか分かる時。

 I know the name. (その名前知ってるよ。)

今回の動画の例文はこのパターンの the だと想像できます。

あとは、1つしか存在しないものについて話す時。

 The earth goes around the sun.(地球は太陽の周りを回っている。)

突然この話を相手に振ったとしても、「どの地球のこと?」「どの月のこと言ってるの?」とはなりませんよね。
地球、また固有名詞のようにこの世に1つしかないものは「これのことだな」って分かるので the を使います。

さらに、名詞に first, second, thirdsame がついた場合も the をつけます。
「初日」と聞くと「色んな日があるけど、その中の最初の日ね」って限定できるので the first day 、「同じ場所」も「あの場所のことか」って分かるので the same place となります。