音の変化11. Thanks a lot. No problem. リズム練習

Thanks a lot. は、3種類の「あ」が含まれている文章です。
それぞれの音の方向を意識しながら練習しましょう。

thanks
「基本の口」で舌は「アップポジション(TH)」からです。TH から「ダウンポジション」へ
移動し、同時に「三角の口」で [æ] を作ります。音の方向は横向き。「ダウンポジション」にある舌先は少し力を入れます。

thanks a
音をつなげます。a で大きな「基本の口」になりやすいので注意しましょう。あいまいな音 [ə] なので、かなり小さな「基本の口」で音の方向は下向きに発声します。

lot
スペル o は、「あくびの口」、舌は「ダウンポジション」で [ɑ] になることが多いです。音の方向を勢い良く上に持ち上げるようにして発声します。

a lot
かなり小さな「基本の口」で音の方向を下向きに、[ə] を発声し、すばやく lot と勢いよく上に向けて発声します。

 

□「ありがとう」に対する返事を考えよう

友人の Joe を助けてあげたので、お礼を言われました。あなたは何と返事をしますか?

Joe:Thanks a lot. 「どうもありがとう。」

You:        . 「どういたしまして。」

 
〈例〉
 My pleasure. ※「私の喜びです。」といったニュアンスで、した仕事に対してお礼を言われた時などに使うことが多いです。
 Don’t mention it. ※「お礼を言われるまでもないです。」といったニュアンス。
 Not at all. ※「とんでもないよ。」といったニュアンス。
 You’re welcome. ※「どういたしまして。」の一般的な表現。
 No problem. ※「どうってことないよ。」といったニュアンス。

下にいくにつれカジュアルな表現となっています。友人に対する返答であれば、You’re welcome. や No problem. などがよく使われます。