(18)不特定多数の犬が嫌い!という時の表し方

「犬が好きだ」という時に I like dog. と言うと、「犬の肉が好き」という意味になります。なぜでしょう?好きな物を言うときは、どういう形になるか、確認しみてましょう。

*次の(   )に当てはまる語彙を入れてみましょう。

(1) 「私はリンゴが好きだ。」 I like (   ).

(2)「私は今朝リンゴを1 個食べた。」  I ate(    )this morning.

(3)「このサラダにはリンゴが入りすぎている。」There are too much (    ) in this salad.

解答
(1) 「私はリンゴが好きだ。」
I like_( apples ).
特定の個体ではなく不特定多数のリンゴ全般を指しているので apples が正解。

(2)「私は今朝リンゴを1個食べた。」
I ate_( an_apple ) this morning.
★リンゴ 1個ははっきり区切られているので an apple が正解。

(3)「このサラダにはリンゴが入りすぎている。」
There_are too much_( apple )_in_this salad.
サラダの中のリンゴは、刻んであったり、すってあったりするのでクッキリとした形がなくなっている。なので不可算名詞として扱われ apple が正解。apples にすると リンゴが丸ごといくつか入っていることになる。

-sをつけた時にどう言う音になっているか確かめてみましょう。

教材購入はこちら




ハミング発音スクールでは 教科書+CD+CD冊子+DVD の4点セットを教材として発売しています。

この教材では、口の動きや耳で聞いたものを真似するのではなく、英語を話しやすくするための『音のエネルギー』と『音のための筋肉』を土台として、分かりやすいステップを踏みながら発音習得を目指します。

発音を学んでみたい、英語を使う生活だけど発音に自信が持てない、音から英語の勉強をやり直したい、そんな方々にオススメです。


購入をご希望の際は下のボタンを押して頂き、新規の会員登録が必要です。登録後、マイページから購入できます。
教材の使い方など質問がある場合は無料体験レッスンを是非ご利用下さい。

また何かご不明な点などあれば、こちらからお問い合わせ下さいませ。

教材購入はこちらから