go homeとcome homeとget homeの違い(セリフ練習#015)

長〜い文章になると頭に入ってこない!聞いてても、どんどん忘れていく!
ってことないですか?
後ろから、後ろからって戻って訳してはダメです。
英語は頭から理解していくことが必要です。
次にどう言うんだろう?聞きたい? 何? 何?って思いで 読んでいきましょう。

映画「マイ・インターン」よりBENの台詞
BEN: The problem was, no matter where I went, as soon as I got home, the nowhere-to-be thing hit me like a ton of bricks. 
   「問題はどこへ行こうと家に着くや否や、居場所のない事がズシンとのしかかってくる。」

 

problemは「プロブレム」じゃない!

スペルOがくると 発音記号[a]の音が多いです。
「あくびの口」です。

おへそから、勢い良く上に向かって発音します。
舌の後ろ側がさがって、のどひこが見えて、息の通り道があるかがポイントです。
動画で確認しましょう。

003hot-word

005box-word

008frog-word

stop-hot-pot-problem

matterの発音

Ben: The problem was, no matter where I went, as soon as I got home, the nowhere-to-be thing hit me like a ton of bricks.

 

スペルでaがくると 三角の口が多いです。
cat, apple, mapなどです。

005cat-word

001apple-word

007map-word

matterを「基本の口」で言ってしまうと、mutter(ぶつぶつ言う) になるので注意しましょう。

matter-mutter

no matter + 疑問詞に慣れよう

matter は、動詞で、「重要である、重大である」という意味があります。
It does not matter(問題ない)  what happens(何が起きても)
が短くなって
no matter what happens, 「何が起きても」という意味になります。
no matter what は whatever に書きかえられます。

映画でBenは
no matter where どこに~いようと、
no matter where I went, 「どこに行っても」と使っていますね。

where のかわりに who, where, when, how を使っても表現できます。

no matter を使いこなそう
no matter+ 疑問詞の形に慣れよう。
レベル:★★★☆☆

(1)あなたが何と言おうと、行きます。
  No matter what you say, I ‘ll go.

(2)どんなことがあっても、あなたを信じます。
  No matter what , I’ll believe you.

(3)いつ彼女の家にいっても、彼女はいない。
   No matter when I visit her, she’s never at home.

(4)いくつになっても、永遠に健康でいられると思っている。
  No matter how old I get, I think I can permanently stay healthy.
no matter how+形容詞/副詞+SV

 

as soon as  ~するとすぐに、~するや否や

Ben:The problem was, no matter where I went, as soon as I got home,
the nowhere-to-be thing hit me like a ton of bricks.

 

soon は(副詞)「すぐに、間もなく」という意味です。
as soon as SV で「するとすぐに」

as〜as を使いこなそう

レベル:★★★☆☆

(1)席が空き次第お呼びいたします。
   I’ll call you as soon as a table is available.

(2)起きるとすぐに、いつも歯磨きをする。
  I always brush my teeth as soon as I get up.

(2)電気を消すとすぐに、娘は眠った。
  As soon as I turned off the light, my daughter fell asleep.

get home,go home, come homeの違い

 

Ben:The problem was, no matter where I went, as soon as I got home,
the nowhere-to-be thing hit me like a ton of bricks.

 
get, go, come 何が違うか絵で捉えてみましょう。

まず、goとcome の違いを見ていきます。

go のイメージは 「視点があるところから離れていく」

go

come は反対に「視点のところに移動」するイメージです。

「トムが午前9時に来て、午後2時に帰ったよ。」と伝えたい時。

まず Tom は、視点、話題のところに移動するので come を使って
 Tom came at 9 a.m.
そして帰ったというのは 視点があるところから離れていくイメージなので、go を使って
 and went at 2 p.m.
になります。

もう1つイメージ練習です。
あなたは自分の部屋にいます。
台所からお母さんが、「ご飯よ!」って呼んでいます。
「今行くよ!」ってあなたは何と言いますか?

「行く」と言えば I’m going. って言いたくなりますよね。

答えは
 母:Dinner is ready.
 あなた:I’m coming.
になります。

ポイント:come は話題のところにいく
友人を部屋に「中へどうぞ」で Come in. と言いますよね。 
話題のところに移動するイメージがしますよね。

come home は、離れた場所から、家にもどってくるイメージです。

go は、物がなくなった時に It’s gone! と言うように、
自分のところから離れていくイメージです。

go home は、今いるところから離れて家に帰るです。

 

get は、「変化を表す、ポーンと近づく」イメージです。
 It’s getting dark. → It’s dark.
「だんだん暗くなってきている」から 「暗い(状態)」 って順序です。

get home でなぜ帰宅するになるのか?
I got home 家にポーンと近づいた。→ 「着いた」ってイメージです。

道に迷っている時に
「そのホテルにはどうやって行きますか?」
は、go を使うより、「到着する」っていうのを伝えたいので get の方がいいです。
 How can I get to the hotel?
です。

house とhome のイメージの違い

これが house

house

これが home

homet-002

home [hóum] (名詞)

〔人が住む場所としての〕住まい、家

 

house と違って人が住んでいるって暖かみ感じる単語です。

故郷はhometown 暖かみ感じますよね。

 

nowhereを使いこなそう

Ben:The problem was, no matter where I went, as soon as I got home,
the nowhere-to-be thing hit me like a ton of bricks.

 
nowhere (副)(名) 「どこにも〜ない」という意味です。
Benは nowhere-to-be  (形容詞)「どこにも居場所がない」と形容詞にして表現しています。

nowhere を使いこなそう
レベル:★★★★☆

(1)どこへも行くところがなかった。
  I had nowhere to go.

(2)その本はどこにも見つからない。
  The book was nowhere to be found. 

 
nowhereを使って、
他の映画で be getting nowhere fast  というのがありました。

「速くどこにもいかない」つまり、「にっちもさっちもいかない、らちがあかない」という意味です。

We are getting nowhere fast in the heavy traffic. 「渋滞ではにっちもさっちもいかない」のように進行形で使うことが多いようです。

 

 

like a ton of bricks   ものの見事に

Ben:The problem was, no matter where I went, as soon as I got home,
the nowhere-to-be thing hit me like a ton of bricks.

 

「れんが1トンのように」で物や人が落ちたりするときの勢いのすごさを強調しています。
fall, hit, come down などの動詞と組あわせます。

CNN2016年7月号で brick and mortarの話がありました。
ブリック&モルタルです。
mortar は「モルタルセメント」 
brick and mortar (オンラインショップではなくて)で「実店舗」になります。

 

語彙を増やそう

  • a ton of   たくさんの、ものすごい数[量]の
  • ton 〈名〉〔重量単位の〕トン
  • brick[brík] 〈名〉れんが(状の塊)

 

Ben になりきって発音してみよう

22-nomatter-where

 

「見える化」で文の構造を確認しよう

itakura22