4. -ed, -ingの形容詞(実際のレッスン-文法編)

No.1から続いている初級者向けのレッスンです。50分授業の後半部分です。

「興奮した観客」は exciting audience? それとも excited audience?
こういう問題、よくありますよね。
日本語から考えると「〜してる」は現在分詞だから exciting と答えたくなりますよね。
動画で確認してみましょう。

 -ing の形容詞は「感情にする 原因」を修飾

 -ed の形容詞は「感情にさせられた 」を修飾

これは、もととなっている動詞 excite が「興奮する」ではなく「〜を興奮させる」という他動詞なので、それを exciting の形にすると「(人を)興奮させる」という形容詞になるんです。

     もとの他動詞        -ing の形容詞       -ed の形容詞  
 interest(〜に興味を持たせる)  interesting(興味を持たせるような)  interested(興味を持っている)
 surprise(〜を驚かせる)  surprising(驚かせるような)  surprised(驚いた)
 bore(〜を退屈させる)  boring(退屈させるような)  bored(退屈した)
 confuse(〜を困惑させる)  confusing(困惑させるような)  confused(困惑した)

他にも please「〜を喜ばせる」、satisfy「〜を満足させる」、worry「〜を困らせる」、disappoint「〜をがっかりさせる」などがあります。

また、これらは形容詞なので “She is a beautiful person.” “She is beautiful.” と同じように、名詞の前にも、be動詞の後ろにも置くことが可能。

That was a surprising discovery.(それは驚くべき発見だった。)
Japanese grammar is really confusing.(日本語の文法は本当にややこしい。)
She was silent with a worried look.(彼女は心配そうな顔つきでだまっていた。)
I'm bored.(私は退屈だ。)※I'm boring. だと「私は退屈な人間だ。」となってしまいます!