(1)品詞:名詞のはたらき

名詞って何か? どういうときにaがついて、どういうときにつかないかを、絵でイメージしながら見ていきます。

品詞って知っている?
知ってる、形容動詞とか
形容動詞は日本語だから 英語にはないんだよ。

品詞って 形容詞、名詞とか言葉が持つ特徴によってグループ分けした時の名前 

こうしたグループには、グループ名が付いてて

「動き・動作」を表すグループ = 「動詞」

「ものの名前」を表すグループ = 「名詞」

「ものの様子」を表すグループ = 「形容詞」

っていうの。

例えば、

犬ってものの名前を表しているから名詞 だよね。

英語ではnoun (ナウン)
辞書で n. って書いているのもあるよ。

思いつく名詞を10個あげてごらん。 
マイクラ ユーチューブ ドラゴンクエスト・・・
ゲームばっか、
シュリできる

りんご みかん ぶどう いちご

食べ物ばっか(笑)
いいんよ。 
英語が話せるようになる以前に、発想力が必要なんよ。

初めて会った人の名前聞いて終わりじゃないで どうやって話を広げていくか。

観察して、共通点探すでしょ。
初対面の人に「彼女いますか?」とか聞かないでしょう?

ありえんー
英語は年齢聞くことと政治の話はタブーなんだって。

だから、発想力をつける練習もしていくからね。

名詞の話に戻ると

りんごは apple (アップル)って言うでしょう。

アップルの絵描いてん

同じりんごでも、違う絵になったよね。

日本語では どっちも 「りんご」だけど 英語は違うの。

シュリの描いたリンゴは
「基本の口」からan apple

拓海の描いたリンゴは
 三角の口からはじめて apple
        

an apple と apple って言い方が違うの。
この a、an をつけるかつけないかで 全然違う絵になるんよ。

a, an を冠詞って言うの。
冠って「かんむり」って読むのね

「ここからここまでが 1 つ」と単位(区切り)がはっきりしている時は、
名詞の前に冠がつかないんといけないの。
数えられる名詞(=可算名詞)っていうの。
リンゴ1個だと区切りがはっきりしているから an apple
いっぱいだと 後ろに s をつけて apples になるの。

一方、サラダの中に入っているリンゴだと、
刻んであったり、すってあったりしてるので、くっきりした形がないでしょう。

しゅりが描いた絵もそうだよね。

そのときは不可算名詞 つまり無冠詞 として扱われて、apple になるの。
冠がつかない時は、無冠詞って言って
数えられない名詞(=不可算名詞)だよってこと

「猫」だったら  
ここからここまで1つと区切りがはっきりしているから 冠詞をつけて
a cat

あり だと、

ant のように母音で始まる単語の時は an がつくの
an ant になると音がつながるでしょう。

卵が顔についているよね。この時の 卵 は?

そう 丸ごとじゃないで、くっきりした形がない時は無冠詞だから egg なの。

お水は?

お水は 区切りがないから a はつかないの。

区切りがあって絵が描けそうな時は、可算名詞で a, an

くっきりした形がない時「不可算名詞」で 無冠詞

また あとでもっと詳しく練習していこうね。

お問い合わせはこちら



「口の形、発音記号、発声方法などをもっと知りたい!」

そんな方には「無料体験」がオススメです。
ハミング発音スクールでは東京校・福岡校にて無料体験を行っております。
通学またはスカイプを選択していただけるので遠方からの受講も可能です。

体験レッスンでは、英語を話す上で重要な発声の仕方、舌の位置、発音記号・口の形の見方などの基本的な内容を紹介致します。
ブログにのっている用語などを詳しく知りたいという方は是非一度体験レッスンにご参加下さい。

また、英語を話しやすくするための呼吸法口の筋トレを土台として、分かりやすいステップを踏みながら発音習得を目指す 教科書+CD+CD冊子+DVD の4点セット教材も販売しております。
教材の進め方を体験レッスンで指導することも可能ですので、発音に興味のある方、音を土台に英語力をアップさせたい方、お気軽にお問い合わせ下さい!

お問い合わせはこちらから