23. コンテナ container



貨物の輸送などに使われる容器を「コンテナ」と言いますよね。
英語でも container です。

輸送時に使われる物だけでなく、何かを入れる 入れ物、容器 にはこの単語を使います。


container は「クンテイナー」なような発音になります。
ai がアクセントで、ここが「エイ」のような音になるのが日本語との1番大きな差。
あとは頭の母音を基本の口であいまいに出すことがポイントです。

Many container ships are in the harbor. 「多くのコンテナ船が入港しています。」
 ※ harbor (読み方:ハーバー)「港」

This container is airtight. 「この容器は密閉されいる。」
 ※ airtight (読み方:エアタイト)「気密の、密閉された」

container は contain「〜を含む、〜が入る」という動詞からきています。
-er を単語の終わりに付けると「〜する物/人」という名詞を作ることが出来るので、contain+-er で「(何かを)含む物」という意味になるんです。

似た意味で include という単語がありますね。
こちらは「全体の中の一部分、全体を作り上げている要素の1つ」ってイメージ。

それに対し contain は「何かの中にスッポリ入っている」イメージ
抽象的なことにも使えますが、感覚が物理的です。

例えば下の文。
 The meal includes dessert.「その食事にはデザートも含まれています。」
これは、食事の中にスッポリとデザートが入っている というより 食事を構成する1つとしてデザートがある といったイメージの方が合いますよね?
contain の例文も読んで、感覚をつかみましょう。

This tea doesn’t contain caffeine. 「このお茶にはカフェインは含まれてない。」
 ※ caffeine (読み方:キャフィ-ン)「カフェイン」

Tokyo Dome contains 55,000 people. 「東京ドームは5万5千人収容します。」

I could not contain my anger then. 「そのとき私は怒りを抑えきれなかった。」

お問い合わせはこちら



「口の形、発音記号、発声方法などをもっと知りたい!」

そんな方には「無料体験」がオススメです。
ハミング発音スクールでは東京校・福岡校にて無料体験を行っております。
通学またはスカイプを選択していただけるので遠方からの受講も可能です。

体験レッスンでは、英語を話す上で重要な発声の仕方、舌の位置、発音記号・口の形の見方などの基本的な内容を紹介致します。
ブログにのっている用語などを詳しく知りたいという方は是非一度体験レッスンにご参加下さい。

また、英語を話しやすくするための呼吸法口の筋トレを土台として、分かりやすいステップを踏みながら発音習得を目指す 教科書+CD+CD冊子+DVD の4点セット教材も販売しております。
教材の進め方を体験レッスンで指導することも可能ですので、発音に興味のある方、音を土台に英語力をアップさせたい方、お気軽にお問い合わせ下さい!

お問い合わせはこちらから

月別表示

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31