19. カフスボタン cufflink ①




女性にはあまり馴染みのないものですが、ワイシャツなどのそで口をとめるボタンを「カフスボタン」または「カフス」と言いますよね
英語ではこれを cufflink と言い、cuff の部分は省略可で link とも呼ばれます。
2つで1セットなので、通例 語尾に s が付きます。

名詞のアクセントは前に来ることが多いので、u を強く読みます。
基本の口でお腹の底から下に向かってするどく「ア」です。
link の n は、舌はダウンポジションのまま力を抜いて鼻から抜けるように音を出します。

Jake found one of the cufflinks was missing. 「ジェイクはカフスボタンが片方なくなっているのに気付いた。」

cufflink の前半 cuff は「そで口、手錠」 という単語です。
なので、日本語ではそで口をとめるボタンを「カフス」とも言いますが、これは英語では左右両方のそで口を表すことになります。

I bought a white blouse with frills at the cuffs. 「そでにフリルの付いたブラウスを買いました。」
  ※ frill (読み方:フリ-ル)「フリル」

The policeman put the cuffs on him. 「警官は彼を逮捕した。」
  ※ handcuff「手錠」の略が cuff です。


cuffを使った表現
off the cuff 即座に、即興で

 I made a speech off the cuff at the awarding ceremony.「授賞式で私は即興でスピーチをした。」
  ※ award (読み方:アウォード)「〜を授与する」、ceremony (読み方:セラモウニ)「式典」

演説をする人が話の要点をそでに書いたことが由来。
そでに書いてない = off the cuff →「準備なしで」となりました。

教材購入はこちら




ハミング発音スクールでは 教科書+CD+CD冊子+DVD の4点セットを教材として発売しています。

この教材では、口の動きや耳で聞いたものを真似するのではなく、英語を話しやすくするための『音のエネルギー』と『音のための筋肉』を土台として、分かりやすいステップを踏みながら発音習得を目指します。

発音を学んでみたい、英語を使う生活だけど発音に自信が持てない、音から英語の勉強をやり直したい、そんな方々にオススメです。


購入をご希望の際は下のボタンを押して頂き、新規の会員登録が必要です。登録後、マイページから購入できます。
教材の使い方など質問がある場合は無料体験レッスンを是非ご利用下さい。

また何かご不明な点などあれば、こちらからお問い合わせ下さいませ。
http://www.humming.co.jp/contact/

教材購入はこちらから